健康保険と漢方薬

Weblog
01 /27 2007
最近、「漢方薬は健康保険が使えます」とテレビCMに流れることがあります。

実は、最近始まったことではなく、昭和51年に漢方エキス製剤146処方が既に使えるようになっていたのです。
生薬(漢方薬の材料)は国民皆保険になった昭和36年にかなりのものが使えるようになっていました。

どうしてあまり広まらなかったかというと、処方できる医師があまりいなかったこと、効果の確実性にかけること、利益率が低かったことなどが考えられます。

そもそも、健康保険制度自体が国民にとって良くわからないシステムで、どちらかというと医療関係者のためのシステムと考えても過言ではないかも知れません。

まず、健康保険で医療を受ける際には、健康保険適用医療機関で健康保険医師に診察を受けて、治療に必要な薬剤を、治療に必要な量のみ保険で購入できます。
例えば3割負担なら、皆さんが負担しなかった7割は医療機関が保険請求して医療収入としている制度です。

つまり、薬局で保険証を提示しただけでは薬を保険で購入できません。
医療機関が発行した正規の処方箋が必要です。

そういえば先日、東京巣鴨の漢方薬局が摘発されましたが、医師にしか発行不可能な処方箋を、薬局で勝手に作成して保険請求していましたようです。
しかも、調剤を薬剤師でない人が行っていたことも問題となりました。
(次回、薬剤師について書きますのでこの件に関しては、これぐらいにしておきます。)

本論に戻りまして、漢方薬はすべてのものが保険では使えませんが、一部の処方は可能です。

しかし、材料である生薬は植物、動物、鉱物が使われますが、特に動物生薬といわれるものは、ほとんど保険適用となっていません。

また、処方を組み立てる医師が漢方を知っているかが大きなポイントとなります。

漢方は見立てで決まることが多く、処方構成をよく理解していなければなりません。

効能書きだけで選んでも、思った効き目が出ないことも多いのです。

現状で、漢方の性質を良く知って使っているのは、一部の医師と漢方専門の薬局であるように思います。(例外はありますが・・・)


以上を総合すると、漢方は決して保険にこだわる必要はなく、保険で出してもらえるところでは、ありがたくいただき、思った効果がない場合は保険にこだわらずにやってみるのも方法のひとつだと思います。
とても良い漢方と出会えることも多いでしょう。

ちゃんとした技術があるところは、保険にこだわっていないのがこの漢方という世界だと思います。

今回は大変書きにくい内容でしたので、堅苦しい文章になってしまいました。
すみません。



スポンサーサイト

漢方薬って高いんでしょう!

Weblog
01 /23 2007
「漢方薬を試してみたいけど、高いんでしょう?」とよく言われます

高いのか、安いのかはその人の価値観ですので、答えようがありません。
何と比べて高いと感じるかも問題です。

漢方薬の材料(生薬)は、元はタダのものを使っているのにといわれたこともあります

そう考えると高いと感じるのかも知れません。

実際は、栽培され、加工(洗浄、乾燥、裁断)してから使用されるので、そんなに安くはないのです。

また、効力に見合う価値観で効き目が弱いものと感じると高く感じたり、健康保険医療と比較してそう思うのか、ビタミン剤などと同格と考えるのか、などいろいろ考えられます。

漢方薬は製剤の場合、1ヶ月分くらいの購入額は平均的に6000円くらいではないかと思うのですが、この1日200円(朝昼夕の3回分)が高いのか、そうでないのかは、使った人にしかわからないのです。

安全な薬を購入した、体に優しい治療ができた、自分自身で体調不良を調整できたなどと考えると、そんなに高い薬ではないと思うのですが、これは販売している側の勝手な考えなのでしょうか?

これほど、安全で、どんな人でも使える身近な薬は、なかなかの価値があると僕は思えるのですが・・・。

まあ、例えれば、平凡なんだけど安心できる伴侶、パートナーみたいなものでしょうか。

ちなみに、最近は「漢方薬は健康保険が使えます」といわれていますが、残念ながら漢方薬の一部です。

まだ、自分の体調に合った漢方薬に出会っていない方は、是非お近くの漢方専門のお店に相談されてみてはいかがでしょう?

次回は健康保険と漢方薬に触れたいと思います。

漢方薬は長く飲まないと効かない?

Weblog
01 /20 2007
よくうちの店に来られたお客さんが、「漢方薬な長く飲まないと効かないんでしょう?」と言われます。

う~ん、そういうこともあるかも知れませんが、状態によっては2~3日で効いてしまうことがあります。

つまり、病気の状態にもよりますが、先入観と誤解です

化学薬品は確実な効力による調整薬で、漢方薬は優しいリハビリのような薬で自分の力で治りやすいようにお手伝いするものです。

結果として、完治するのはどちらを使っても期間は変わらなかったりするものです。
いや、かえって漢方薬のほうが完治するまでは早い場合もあるんですよ


最近調子が悪くなったと言うような場合や体調の崩れ方がひどくない場合は、比較的早く効いたりもします。
風邪に使う漢方薬で有名な「葛根湯」などは、症状があえば早いですよ。
ポイントは悪寒と自然な汗が出ていないことです。
体を温め、汗を出させて熱を下げます。
半年も飲んでいれば夏に、1年も飲んでいると次の冬になってしまいますからね。

長く患って、ひどくなった肝臓病や腎臓病などは時間がかかる場合もありますが、それでも1~2ヶ月くらいで、少しは体調変化が起こるものです。

半年や1年も飲んで初めて効き目が出るというのはちょっと変だと思います。
(健康食品などがこんな風に販売しているのかも知れませんが・・・)

ですから、購入する際は長期の量を購入するのでなく、よく自分にあっているかを2週間~4週間くらいの量で確かめてからにするほうが良いと思います。
よって、自分で選ぶと回り道になることも多く、良い見立てときちんとした相談が出来るところで購入することをお勧めします。


また、最初から慎重になりすぎず、とりあえず1ヶ月でもやってみるという単純なことが大切です。
以外に早く良くなることが多いですよ


漢方薬は長く飲まないと効かない→×です!


さあ、漢方薬を試してみましょう!

やっぱりTVはすごい!

Weblog
01 /17 2007
やぱりテレビはすごいです

最近、「たけしの本当は怖い家庭の医学」や「発掘あるある大事典」を見て漢方に興味をもって来店される方があります。

今までは、漢方のこと、あまり知られていないか、忘れられていたのか、あまり気にも留めてなかったのでしょうね。

お医者様にかかっていても残念ながら、うまく治らない方もあるということですね。

そこでもっと、漢方のこと知ってもらいたいです
良いところがいっぱいあるんですよー

また、意外と皆さんの持っているイメージと違うものなんですよ


次回から具体的なお話ししますね。

ブログ、がんばって続ける気になってきましたよ。
是非見に来てくださいね

突然のデビュー!

Weblog
01 /15 2007
突然ですが、ブログデビューすることになりました。
まったく何もわからないままにスタートしてみます

漢方薬局をやってきて、気ままに感じたことや皆さんに知ってもらいたいことなどを書き込んでみたいと思います

まずは皆さん、よろしくお願いいたします。

(使い方さえ良くわかっていません・・・)

akafd

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。