薬剤師について

Weblog
02 /16 2007
お待たせしました。
だいぶご無沙汰してしましまいました。

今回は薬剤師について少し書きます。(内容が少し硬いです。すみません。)

薬剤師になって最近思うのですが、なぜか意外と自由に出来ることが少ないなあと感じるのです。
漢方薬においても例外ではありません。
他の資格職は、わりと自由に自分の技術を発揮できるように思うのですが、薬剤師は残念ながら、薬を自由に扱うことが出来ないのです。
えー!うそ~!って思いませんか?

実は漢方薬といえども自由に調剤は出来ないんですよ。
医師の発行する処方箋がある場合に限り、自由に調剤して患者さんに薬を渡せるのです。
つまり一般的には、適切な製品を選ぶことが仕事なんですよ。

でも、薬局では、煎じ薬の200種類ぐらいの処方が薬局でオリジナルとして製造することが認められています。
もちろんこれには、製造許可が必要です。
これによって、ベストな処方を作ってお渡ししています。
でも、処方構成を調整することは許されていません。
よって仕方なく、複数の漢方薬を勧めることになると、不信感を持たれることがあるんです。(悲しい)

薬局の場合は、病院で扱う健康保険適用の漢方薬より、何倍も多くの種類の煎じ薬や漢方製剤(製品)が扱えます。
漢方に関しては、今はまだ病院より優れていると思います。
でも患者さんは、やはり病院や診療所を選ぶ方が多いでしょう。
これは、おそらく信頼感というものが医師にはあるから、保険が使えるから、かも知れませんね。
薬剤師には簡単な診察行為でさえ許されていないし、処方箋がないと保険も使えませんからね。
そこには、漢方薬の知識や技術の重要性を忘れているかも知れません。

しかし、漢方薬はまだましな方です。
技術のある店にはちゃんとお客さんはいらっしゃいます。
でも、一般で売っている薬である大衆薬(OTC)はもっと大変です。
これらはCMによる指名買いが主流で、あまり薬剤師が活躍できません。
製薬会社さんが丁寧に添付文書(説明書)を入れて、きれいにパッケージ化されており、お客さんにとっては相談より価格とイメージが大事なようです。
薬剤師は、業務の制約があり、比較的安全に仕事が出来るため、プロ意識も芽生えにくく、国民から見ても、全幅の信頼をおいて相談するには少し物足りないかも知れません。
それに、パートで成り立ってしまう職業というのも、やや悲しい面も感じます。
重い責任を与えれば、自覚も目覚め、しっかりやってくれると思うのですが・・。
と言いつつも、世間の薬剤師は文句も言わずにがんばっているのです。

ついでに、薬局と薬店の違いは調剤が出来るかどうかの違いですが、医薬品販売においてはほとんど変わりません。
でも、調剤は薬剤師のみに与えられた仕事ですが、おそらく、国民からみれば、調剤しているのが薬剤師かどうかを見分けることさえ出来ません。
調剤だけやっていても、本来の薬剤師の能力を国民になかなかアピールできるものではないように僕は思います。

幸い、今は服薬指導などで、薬剤師は活躍しつつあります。
でも、国民にとってはやはり医師の方を向いて、その治療で使う薬剤を確実に渡してくれる人というのが薬剤師なんでしょうね。

僕が個人的に考える未来の薬剤師は、販売できる医薬品に制限はあっても、簡単な店頭相談で患者さんにベストな調整が出来る、あるいは病気を予防したい人などに適切なアドバイスが出来るようになっていかなければならないのではないかと思っています。

ちなみに、医薬品は、薬剤師だけでなく、薬種商、配置販売などが取り扱うことができます。
医薬品販売に関しては、いずれもプロと考えてよいでしょう。
法律規制が多い業界で、国民は安全に守られてきたのかも知れません。
でも世の中は確実に規制緩和へ向かっているようです。
どこででも、気軽に薬が購入できるようになるかもしれない。

薬のスペシャリストの必要性はあまり考えていないかも知れませんね。

このままいくと、病院またはドラッグストア(あるいはコンビニ)という選択肢しかなくなります。
薬局はほとんど調剤専門になって来ていますからね。
しかも、安全を考慮して、一般の人が自由に購入できるのは効き目の弱い薬となるでしょう。

病院にいくほどではないけど、体調がいまいちで、相談できるところはないかな、と思っても、相談できる場所がなくなっているかも知れません。
現在ある相談薬局や相談薬店は貴重な存在だと思いませんか

是非今のうちに、信頼できる店を選んでおいてほしいと思います。
特に漢方薬は、上手な見立てが出来ないと良い薬には出会えませんから。

せめて、危険度の少ない治療薬ぐらい、薬剤師さんに自由に販売させてあげても良いと思うのですが・・・。

次回からもう少しやわらかいお話にしますね。
すみません。
スポンサーサイト

akafd

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。