スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬局の薬は病院の薬より強い?

Weblog
04 /30 2007
久しぶりの書き込みです。
すみません

今月はなぜかとても忙しくて、ブログどころではありませんでした

ところで、お店にいるとお客さんから良く聞くことに、「薬局の薬は病院の薬より強い(危険)」と考えている方が以外に多いのに驚きます

病院で治療したけどあまり効果が無く、薬局で相談して薬を購入して少しは効果があったけど今ひとつなので、漢方薬で根本的に治したいと来店されるケースがあります。

つまり、病院→薬局→漢方なのです。
もっと多いのは、病院→健康食品→薬局→漢方でしょうか?

薬剤師から見ると不思議でたまりません

薬局で販売される一般薬(OTC)は、病院でお医者さんが長年使用して安全な薬を、しかも、配合量を若干薄めて製剤にして販売されています。
つまり、国民へ安全に薬を提供するように国がそうさせているのです。

よって、効力で考えると病院が最も強いのです。
危険な薬を扱うからこそ、医師が診察して、必要な量だけ処方するのです
薬局はそれよりも安全を優先しているということです。

ましてや、漢方薬はもともと食品に近い天然物を使っているため、安全性が最優先の贅沢なお薬です。
使用に不安を持つ方がありますが、心配はありませんよ

ですから、病院に行くほどではないが、体調に気になることがある場合にやってみるのが良いと思います

ついでに、最近気になることは、きちんと相談に応じてお薬を販売する薬屋さんが減ってきていることですね。
国民も病院があるので、それを望んでいないのかも知れませんが、薬に関する真実は、町の薬屋さんが最も知っていると思うのですがね。
残念だと思う今日この頃です。

ところで、今年は花粉症も長く続いているようですね。
漢方薬でも試してみませんか?


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

拝読しました

はじめまして。
最近、漢方に関心を持った 薬剤師です。
西洋医学の精神科専門病院の中の薬局で
毎日 調剤に追われて、二年過ぎました。

先日、友人にすすめられ、
奈良県で自然農を始められた、
川口由一(よしかず)氏の
漢方薬についてのお話を聞きました。
氏は、医師でも薬剤師でもないのですが、
病いからの自立をめざして
ご自身や ご家族の病いを治すべく
傷寒論と金匱要略を読み、
独学、服用、完治なさったそうで、
とても凡人にはできない
たいへん真摯なご努力に感じました。

私も少し関心を持って、
昨夜は傷寒論の解説本を 少し読みました。
いろいろと、納得できることや
興味深いこと多く、今さらに
こんな世界があったのか、と感じましたが
これで生計を立てるのは 相当な大変さも感じました。
それから、病院ですと一般的に
万一の過誤について保険をかけているところが
多いとますが、
個人の漢方薬局はどうなるのだろう?と 
思ったりもしました。

漢方薬局は、患者さんから 直接に
症状のお話を聞けるのがいいですね。
勤務先では、患者さんとお話どころか、
カルテを読む暇すら 望むべくもありません。

それでも、いくつか拝読させて頂き、
現在の漢方薬局の悩み、知りました。
決してコメントがたくさんつく内容ではないと思いますが、
発信していただき、感謝致します。

お元気で、お仕事に励まれてくださいね。

追記

>もっと多いのは、病院→健康食品→薬局→漢方
>でしょうか?

 追記で、失礼します。
 私が言いたい事だけ書いて、
 肝心の感想を書いてませんでした。すみません。

 上記、驚きました。
 そうか、世の中では、そのように思われているのですね。
 これも、書いて頂いて 初めて知りました。

 医療施設のなかにいると、
医療関係者の中では当然のことが多く、かえって
なかなか 患者さんの考え方や 見方から
遠ざかってしまうところがあるように感じました。

 ありがとうございました。

 

Unknown

ひろみさん、返信が遅くなりすみません。
週末に中国研修があったもので、本日帰国しました。
ありがとうございます。
とても嬉しいコメントです。
真面目に読んでくださる方があることを大変嬉しく思います。
本当はもっと書きたいことがいっぱいあるのですが、店名を明かしていますので、書き込みにくい事がが沢山あります。
匿名でブログをやれば良かったかなと思っています。
良かったら遠慮なく、
info@akafunedo.com
にご連絡ください。
今後ともよろしくお願いいたします。

感謝

タイトルも入れずに送信していましたね。
すみません。

akafd

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。