肥満症に漢方薬

Weblog
07 /21 2009
またまた久しぶりに書き込みします。

今テレビなどで肥満に「ナイシトール」や「ロート防風通聖散」など(他にもたくさんありますが例えとしてここに名前を出しました)が話題となり、たくさん売れているようです。

しかし、それに伴いこの漢方薬によると考えられる副作用が増加傾向にあるらしく、適正使用を促すように、日本漢方生薬製剤協会の安全委員会は、一般消費者に注意喚起を行っているようです
正直それほど危険な漢方薬ではありませんが、体質が合わないと、まれに体調不良が起こることがあります
特に服用量を守らなかったりしたら問題が起こる場合もあります。
やはり、テレビCMで薬を購入するのではなく、ぜひ相談して自分に合う漢方薬を購入していただきたいですね

漢方薬は一つの商品ではありますが、使い方というソフトが一緒になって初めて一人前になるものです
イメージだけで購入することがないようにお願いしたいですね


ではまた

新型インフルエンザ

Weblog
05 /18 2009
お久しぶりです

ついに新型インフルエンザが拡大してしまいましたね
しかも兵庫県神戸が国内最初とは・・・

今日は朝からマスクを求めに来る人が多かったですね。
どこもほとんど品切れなのでしょうか。
兵庫県は大変なことになっていますね。
ちなみにうちの店ではマスクは売っていません。

ところで今日は良い情報をお伝えします
それは、冬によく売れる「板藍茶(ばんらんちゃ)」というものです
これば、板藍根というホソバタイセイの根を煎じてエキス粉末にしたものですが、インフルエンザなどのウイルスの防御には効果が期待できます
かかる前に飲むか、このお茶でうがいするだけでもいいと思いますよ
マスクが買えなかった人は、是非お試しください

インフルエンザの予防は、人が多く集まる所にできるだけ行かない
また、うがい、手洗い、マスク、それに板藍茶(ばんらんちゃ)ですね

ではお元気で

良薬口に苦し!

Weblog
04 /02 2009
皆さん、大変ご無沙汰でした!
昨年の4月以来ですので、ほぼ1年ぶりです。


長い間ブログをさぼって何してたって?
すみません。
店やその他で大変忙しかったので、ブログをさぼってしまい、一度さぼるとホント
だめですよね。
なかなか出てこれませんでした。
今度から最低1か月に1回は頑張ろうかなと思っています

いやー4月になりましたね。
桜の季節ですね。
姫路城はまだ5分咲きぐらいでしょうか。
今週末は大変な人出になると思いますね。

ところで今日来られた年配のお客様から面白いことをお聞きしたので、
ブログに書こうと思いました。
その内容は、
「今の病院で処方される薬はもっと苦い飲みにくいものだったら良いのに」
ということです。

つまり、具合が悪ければ苦くても飲むし、具合が良くなれば薬を減らす。
今のままでは薬が飲みやすくて永久に減らない・・・。

とおっしゃっていたのです。

そういえば漢方薬は不味い、苦い、などイメージは悪いですが、考えてみると
よくなると不思議と続けて飲む人は少ないです。
「良薬口に苦し」は本当かもしれないと思いました。

ではまた

明日18日から姫路菓子博

Weblog
04 /17 2008

久しぶりの登場です。
なかなか投稿する気分が出なくてサボっていました。
すみません。

ところで、明日4月18日から5月11日まで「姫路菓子博2008」というイベントが姫路城のすぐそばで開催されます。
姫路が一気に賑やかになるでしょうね。

車で出てくるのはかなり厳しいかも知れませんね。

今日は一日中雨ですが、明日の初日はお天気はどうでしょうかね?
イベント期間の無事と成功をお祈りいたします。

ついでにもう散ってしまった姫路城のサクラの写真でも掲載しておきます。

ではまた。


中国加工食品問題

Weblog
01 /31 2008
もう1月も終わりですね。

ところでまたまた出ました!
中国加工食品問題。
今回は餃子などの冷凍食品ですね。
これは何か根深い問題が潜んでいるように思います。
単に中国野菜の残留農薬が原因ではないような気がします。
われわれ漢方に携わる者も気になるニュースです。

ここで、皆さんにお知らせしたいのは、漢方薬は食品ではなく、「医薬品」です。
医薬品というと副作用とか危険なもののように感じますが、実は「効能効果」があるということと。品質規格がとても厳しいということです。
よって、医薬品に関しては、今回の食品問題とは別物と考えていただきたい。

漢方薬の材料は中国なのでは?
危険ではないの?
とか考えている皆さん!
心配は要りませんよ!

ではまた

akafd

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。